• ホーム
  • ラブグラとピルの飲み合わせは危険?飲み合わせには注意!

ラブグラとピルの飲み合わせは危険?飲み合わせには注意!

泣いている女性

不感症を改善するためにラブグラを服用したいと考える女性は多いですが、そのような人のなかにはピルを服用しているという人もいるはずです。重い月経痛の解消や避妊、生理周期のコントロールなどを目的としてピルを服用している人が多いですが、薬には飲み合わせが存在するので一緒に服用することで何か重い症状を引き起こしてしまうかもしれないと不安になる人は多いでしょう。

副作用が出ることも心配ですが、ラブグラを飲むことでピルの効果が弱まってしまい避妊や生理周期のコントロールができなくなってしまうかもしれないと不安を抱いている人もいます。結論から言うと、ラブグラとピルの成分は相互作用を起こすものではないので、併用して服用することができると言えるでしょう。

さまざまな成分を配合することによって1つの治療薬が完成しますが、ラブグラに含まれている成分がピルに含まれている成分と相互作用を引き起こし、副作用が出たりどちらかの効果が弱まったりするという可能性は極めて低いと言えます。薬の成分だけを考慮すると飲み合わせによって悪い症状を引き起こすことは、ほとんどあり得ないことだと言えるはずです。

ただし、有効成分のシルデナフィルが100mg含まれているラブグラは日本では承認されていないので、これを服用することが安全だとは断言できません。海外では認められている治療薬ですし、用法用量を守れば問題ないと言えますが、日本で認可されていないラブグラやピルを飲む場合は、副作用などが起こっても自己責任であることを知っておきましょう。

ラブグラの飲み合わせで注意が必要なものはアルコールだと言われており、この治療薬を飲むことで血管が拡張されてアルコールの回りが早くなってしまう可能性があるので、普段と同じペースで飲酒してしまうと気分が悪くなったり倒れてしまったりする可能性があるので注意してください。

今のところ、ピルの場合はどの種類であっても大きな副作用などの症状を引き起こす可能性がほとんどないと言われているので、すでにピルを服用しているという人でも安心してラブグラを飲むことができるはずです。

月経に関する悩みと不感症に関する悩みを両方持っている人や、不感症を治したいけれど避妊のためにピルは飲んでおきたいと考える人は少なくありません。治療薬は飲み合わせが悪ければ重い症状を引き起こしてしまう可能性があるので危険ですが、ラブグラとピルは飲み合わせに注意する必要はないとされています。

日本で承認されていない治療薬を服用するときには意識的に注意しておくことが大切ですが、これまでのデータで飲み合わせが悪いという報告はされていないので安心して服用して良いでしょう。

関連記事
たばこは不感症の原因なる?喫煙と性的な感覚の関係性とは 2020年04月26日

特に男性の喫煙に対してEDの原因となりやすいと言われることが多いですが、女性の場合も不感症の原因となってしまうことがあるのでしょうか。たばこを吸っていても性的な感覚に関係ないと思っている人は多いですが、喫煙によって不感症が起こりやすくなってしまうことは事実だと言えます。喫煙の影響で快感が得られにくく...

要注意!不感症によって起きやすくなるうつ病の特徴は 2020年03月19日

不感症になったとしても性行為の際に快感が得づらいだけ、オーガズムに達しにくいだけだと考えている人もいるようですが、稀に重い症状を引き起こす原因となってしまうこともあるので注意しておかなければなりません。この症状を引き起こしてしまうと、上手くセックスができないことで悩んでしまい、それが精神的な負担とな...

不感症は遺伝する?医学的な観点から見た原因とは 2020年02月10日

セックスを行うときに快感を得られない、興奮することができない人のなかには、これらの症状は遺伝によって起こるのではないかと考えている人もいるかもしれません。実際のところ不感症は親などから遺伝してしまうものなのでしょうか。結論から言いますと、基本的に不感症が遺伝によって起こることは非常に少ないと言えます...

女性の潤いに効果があると言われるラブグラの通販価格はいくら? 2019年11月15日

女性の不感症を改善するために使用されるラブグラを通販で購入する方も多いですが、その価格は固定されているわけではありません。同じ通販サイトを利用しても注文したタイミングによって値段が変わる可能性があるので、いくらであるかはっきりと言うことはできないです。しかしながら、ラブグラには相場があるので通販価格...

不感症によって生理不順が起きることがある!その理由と対策方法 2020年01月12日

不感症になるとセックスを行うときに快感を得づらくなってしまう、濡れなくて挿入することができないなどの問題が発生しますが、これ以外にも身体に影響が出る場合があります。人によっては生理不順の原因となってしまうこともあるので、不感症の人が、生理が周期的に始まらないと感じるのであれば生理不順を引き起こしてい...